no, more

Vagrant/vmware-fusionでハードウェア仮想化を有効にしたVMを作成する

vmware fusionを使用している場合、仮想マシンのCPU設定でこの仮想マシンでハイパーバイザアプリケーションを有効にするにチェックを入れることで仮想マシン内でKVMを動作させることができるようになります。 ドキュメントには載っていませんが[1]、Vagrant + vmware-fusion pluginの構成でも設定することが可能です。 Vagrantfileに以下の記述を追加します。 config.vm.provider

container-upというツールを書いた

container-upというツールを書いたのでご紹介。 背景 このブログはghostというブログエンジンで動いています。動作環境としてDockerを使用していて、Ghostの公式イメージを使用しています。 過去の経緯から、単体のDockerコンテナで動作させており、永続データはDockerボリュームとしてマウントしている形です。 扨、Docker ComposeやKubernetesなどのオーケストレーションツールを使っている場合、コンテナのバージョンアップは比較的簡単に行うことができます。

GitLab Docker: initial runners registration token

GitLabはRuby on Railsで書かれたオープンソースのGitサーバアプリケーションです。おそらく、オープンソースのGitサーバとしては最もよく使われているものではないでしょうか。 GitLabは他のOSS Gitサーバアプリケーションと比べて、非常に多くの機能を持っています。 GitLab-CIもその一つで、GitLab上で自動テストを回すことができます。 この、GitLab-CIを使用するにはrunnerと呼ばれる、

Load more