2019年の振り返り


2 min read

2020年に入って早1週間が経過しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 一年の振り返り!みたいのはあんまりやるつもりがなかったのですが、あまりにもみんなやっていて目につくので、これはやった方が良い物なのか・・・と思い直し、遅ればせながら振り返ってみようかと思います。

1月

twitterによると、2019年は心おだやかに生きたいというのが目標だった様子。あまり心穏やかには生きられませんでした。合掌。

そういえば昨年は年明け早々インフルエンザにかかったんでした。

一月はLOCALのイベントに行ったり、YAPC::Tokyoに行ったりしていた様子。ここ半年はカンファレンス/勉強会参加数も減ってきてしまっているので、ここらでちょっと頑張りたいところです。

2月

ONIconをやったり、自作ケーブルを作り始めたり。

gomaconfやcookpadtechconfもこのあたりだったようです。

3月

ペティナイフ、ネット上でもいろんな人が「便利!」って言ってて、しかしまぁ三徳で不自由してなかったんですけど、買ってみたら実際メチャクチャ便利で、正直三徳よりペティを使うことの方が圧倒的に多い。

LINE.goというイベントを開催したのも3月でした。

ご神体は今も職場の机にまつられています。なんと今は鳥居もついています
IMG_20200108_133705

4月

今もまた、技術書典の進捗に追われています。

この後勢いよくドラム式洗濯機を買いました。最高。

5月

PyCon mini sapporoが5月だったらしいです。GoConでしゃべったのもこのあたりだったらしい。

OSC19doも5末〜6始でしたね

6月

ところで、まとめを書くのも疲れてきました。

7月

Golang 101を開催したのが7月だったようす。またやりたいんですが、会場が難しいですね。

次の技術書典に向けて、これの第二巻を書いています。

8月

buildersconでした。2020に向けて頑張ってます。

9月

技術書典でした。毎度つらいのに、なぜ毎度応募してしまうのか・・・

10月

Pixel 4を買いました。もう二ヶ月経ってるのか・・・

11月

builderscon tokyo 2020の主催をやることに。自分でやる!って言ったんだけど、胃が痛い

12月

病んでました


趣味サーバーのインフラを再構成した件
Previous article

趣味サーバーのインフラを再構成した件

明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 扨、もう一昨年になりますが、趣味サーバーのインフラをKubernetesで整えた件という記事を投稿しました。 その後紆余曲折ございまして、これらを再構成しましたので、改めて記録に残しておこうと思います。 紆余曲折 まずは紆余曲折とは?という話から始めましょう。 当時、Kubernetes用のPersistent VolumeはGlusterFSを使用していました。最初はこれで問題なかったのですが、一部のアプリケーション(具体的にはRedmine)を動かしていく上で、非常に速度が遅い、ということが問題となりました。 調査の上、どうやら遅い原因がGlusterFSであり、Cephに置き換えることである程度速度を改善することができそうだ、という見込みが立ったため、前述の記事を投稿してから約二ヶ月後にGlusterFSをCeph

Flutter環境構築 with emacs
Next article

Flutter環境構築 with emacs

ここ数日、FlutterでAndroidアプリを書く、ということに入門してみています。 Androidアプリの開発自体は大分前(無印Galaxy Sを使っていた頃なので、EclairとかFroyoとかの頃)にすこしだけやったことがあるんですが、そのころと比べるとかなり簡単に、きれいなアプリがシュッと動いて、ちょっとばかし感動しています。 扨、Flutter/Android開発の環境構築ですが、ほとんどのドキュメントがAndroid Studioを前提としており、私のようなemacsユーザがどうしたらいいのか、ちょっとばかし躓きそうなので、メモがてら残しておきます。 なお、基本的な手順は公式サイトに準じます。また、環境はmacOS Catalina バージョン


Related Articles

go-openapi を書き直しています
2 min read

GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK