最近のWebカメラってすごい、の件


3 min read
最近のWebカメラってすごい、の件

どうもAnker大好き人間です。ケーブル類は大体Ankerだし、Thunderbolt 3 DockもAnkerだし、充電器もヘッドホンもAnkerです。

そんなAnkerから、新しくWebカメラが発売されたということで、購入したらすごかったのです。

購入したのはAnker PowerConf C300。Amazonで7,990円で購入できます。LogicoolのStreamCamを買いたいな、と思っていたところのAnkerからの新商品、値段も半額以下、という事で即購入に至りました。

箱は最近よくあるぴったりでしっかりしたタイプの箱です。ぴったりすぎて開けるのにちょっと時間がかかる奴ですね。高級感はあります。写真ではざらざらしたかんじのテクスチャっぽく見えますが、これは印刷で、手触りはすべすべです。

これまでのAnker製品によく入っていたHappy/Not Happyカードではあんく、"WHAT DO YOU THINK OUR WORK?"というカードが入っていました。PowerConfシリーズではこの紙なんでしょうかね。
ケーブルはType-C to Type-Cケーブルが付属しています。この手のWebカメラは本体からケーブルが伸びている事が多いので、ケーブル交換ができるのはとても嬉しい点ですね。

外部ディスプレイを使っていると、Webカメラは大体ディスプレイのUSBポートを使うと思うんですが、Type-CからUSB-Aに変換するためのコネクタも入っているので安心(?)です(Type-Cの仕様的には全然安心じゃないんですが)

プライバシー保護用の蓋みたいなものもついているのはなんだか時代を感じさせますね。

これまで使っていたWebカメラと並べた様子はこんな感じ。サイズは結構大きくなりましたね。

古い方のカメラで、ライトをつけないとこんな感じでした。一般的なご家庭は大体そうだと思うんですが、壁に机をくっつける配置にしていると夕方以降逆光になる、という問題があり、顔がとても暗くなります。

結果として、ライトを購入して明るさを確保したりなんかしている人も多いと思います。私もその一人でした。ライトをつければまぁもちろん明るくはなります。

新しいカメラではこの通り。ライトなしでも頭が適当にボサボサなのがバレて恥ずかしいくらいには明るく映ります。これは本当に感動。

比較用にライトをつけてみました。むしろちょっと明るすぎる位ですね。これはライトはもうお役御免かもしれません。

加えて、専用のアプリで細かい設定をする事ができます。解像度の調整、fps、画角、明るさやコントラストなどが設定できるほか、人の顔を追跡するような設定もできます。
このアプリの良いところは、他のメーカーで良くあるような、常駐させておかなければ設定が反映されないような類いのモノではなく、設定したらアプリを閉じても設定が反映され続ける、というところですね。

総じて、非常に満足度が高く、コストパフォーマンスに優れた商品だと思いました。流石Anker。


RAMマウントをQi対応にする
Previous article

RAMマウントをQi対応にする

バイク乗りの皆さん、スマホホルダーは何を使っていますか?色々と選択肢はありますが、しっかりとしたものを使いたいと考えた時、RAMマウントを使っている人も多いでしょう。 こういうやつです加えて、バイクからUSB電源を引いてスマホを充電している人もいるでしょう。そうした場合、どこぞに駐車をして、スマホを取り外すたびにケーブルを抜いて、また走り出すときにケーブルを挿して、というのは少しばかり面倒じゃないでしょうか? 世の中、面倒だという事柄にはそれを面倒ではなくするソリューションがあるもので、無接点充電対応のスマホホルダーなるものが販売されています。 こういったモノを購入しても良いのですが、やはりスマホをしっかりホールドしてくれるという点でできれば安心安全のRAMマウントを使い続けたい気持ちがありました。 そう考えていたところ、世の中には防水仕様のQi充電器というモノが存在するという事を知りました。 正直この手のものは屋内で使うモノだと思っていたので、どういうユースケースがあって防水仕様になっているのかはよく分からないのですが、私にとっては渡りに船、幸いなことに超薄型という事なのでなおのこと私のユースケースにぴったりということで商品がこちらです 友人の@tagucchに誕生日プレゼントとして送ってもらいました。

梅仕事2021 (1)
Next article

梅仕事2021 (1)

向暑の候皆様いかがお過ごしでしょうか。近所の西友で梅酒関連の商品が店頭に並びはじめているのを見て季節を感じる今日この頃です。 例年梅酒と梅シロップを漬けるわけですが、漬けっぱなしで放置している梅酒はさておき梅シロップはできればシーズン中に二回は仕込みたい、という気持ちがあり、店頭で梅の実を発見してとりあえず購入してきました。 まだ出始めですから、まだかなり青い実ではありますが、急ぎ一発目の梅シロップを仕込みました。 手順自体は例年とそう変わるモノではなく、昨年梅シロップをつけていた空き瓶をアルコールで消毒した後、洗って水気を切りへたを取った梅の実と砂糖を交互に積んでおいておきます。昨年は中ザラ糖を使用した、との記録がありましたが今年は気分で三温糖をセレクトしました。特に深い理由はありません。三温糖はしっとりとしており、積み上げるのも容易ですし、粉末状なので隙間にも入っていきやすく取り扱いがしやすい様に感じました。氷砂糖はうまく積んでいくことを考えると意外と難しいです。 うまいこと梅を砂糖の中に埋める事ができ、上から見ると梅が出てしまっているということもありませんから、今年は酢を入れない方針で行ってみようと思います。 大粒の実が店頭に並びはじめたら梅酒も漬けたい所存です。


Related Articles

RAMマウントをQi対応にする
2 min read
Desk Tour 2021.04
4 min read
switchbot-exporterを書いた
2 min read
Soundcore Life Q30
3 min read

GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK