Anker SoundCore Motion B


4 min read
Anker SoundCore Motion B

自宅では(も)職場と同じくMacBook Pro 13inchを使っていて、デスクに向かうときはLGの4Kモニタをクラムシェルモード、USB type-C接続で使っているんですが、まぁ普通モニタのスピーカーというのはあまりいい音はしません。まぁ、おまけみたいなものなので仕方ないんですけど。そんなわけでモニタからは音を出さず、音はPCのスピーカーから出してました。

私は基本的にあまりPCで音楽を聴く、ということはしない人間なので、特にそれでも不満はないままここまで来たんですけど、先月から新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行のあおりを受けてヘイシャでもリモートワークで仕事をする、という形になりました。
そうすると、これまでは帰宅後食事やら風呂やら、の後くらいから寝るまでしか自宅ではPCに向かっていなかったのが一気に一日中へと伸びました。ミーティングの類いもzoomで行うことになり、これを機にスピーカーでも買おうかな、なんて思っていたところ、Ankerがリモートワーク特集でいくつかの商品(元々は4種類か5種類くらい対象商品があったんですけど、売り切れたのか現在は3種類になってますね)が半額、その中にBluetoothスピーカーもある、という話を聞きまして、購入に踏み切りました。

今回購入したのはSoundCore Motion Bという商品です。一年半位前に発売された商品で、Bluetooth接続、IPX7規格の防水性能、最大12時間連続再生可能なバッテリーというのが売りの商品です。
また、こちらの商品は二台を一台のPCにつなぐことで二台で一つのステレオとして使用できる(わかりにくい)という機能もあります。
せっかく半額なのだし、二台買っても一台分、二台でつなぐとどんな感じなのかもちょっとやってみたい、ということで二台購入しました。

届いた商品がこちら。Ankerらしく、小柄なパッケージです。発送はAmazonが代行しているようで、Amazon Japanからの荷物として届きました(が、箱はAmazonの箱ではありませんでした)。輸送用の段ボール箱も小さめだったため、一瞬「二個頼んだよな・・・?」と不安になりましたが、ちゃんと二個入ってました。

箱の上面には商品の売りと内容物が書いてあります。内容物が少なすぎて、左側のWhat's In The Boxと右側の内容物の間が開きすぎていて戸惑います。

側面。完全防水と12時間再生、との記載があります。完全防水とのことですけど、仕様としてはIPX7なので、防水特性としては1mの水深に30分浸かってもOK、という感じですね。

箱下部のテープ(?)を剥がして開封。飾り気のない白い箱が姿を現します。
右側にプルタブ(?)があるので、付属品がはいっている箱で蓋されている、という状態ですね。

白い箱を取り出すと、本体が姿を現します。充電器とかと同じく、薄い袋に入っています。

内容品を取り出した様子。おなじみHappy? Not Happy?の紙とUser Manual、充電ケーブルが入っていました。充電ケーブルはMicro USB Micro-Bです。User Manualはちゃんと各国語で書かれています。

二台積んだ様子。わかりにくいですけど、上部にボタンがついています。これに充電ケーブルを挿して、左右で使用します。

ステレオで接続する場合はまず両方のスピーカーを起動し、ステレオモードにします。スピーカー同士がつながった後(状態変化がわかりにくい・・・)、PCに接続します。
PC側の表示は一台分として表示されます。二台バラバラに管理する必要はない、ということですね。

で、肝心の音ですが、もちろんモニタやPC本体の音より圧倒的に良いと思います。スピーカーとしての音質がすごく良いかというと、まぁBluetoothの時点でそこそこ、という感じだと思いますが、私としては特に問題ない音質です。
きちんと右、左から別々に音が出ていて、センターの音はセンターあたりから聞こえている様な気がします。
パッケージにもBig Soundと記載がありましたが、音量は大きめだと思います。
音量設定を下記スクリーンショットくらいに設定していますが、MBPのスピーカーで音量をバーの真ん中位に設定したときと同じくらいの音量がでています。

まぁみんながみんな二台買うのがいいかというと、それはよくわかんないですけど、すごく高いものという訳でもないので、そこそこのPC用スピーカーを探している、というかたはこれを機に二台えいっと買ってみても良いのではないでしょうか。


サーモンをAnovaでやる
Previous article

サーモンをAnovaでやる

昨晩の晩ご飯として、サーモンを低温調理でやりましたので、記録に残しておきます。 なお、使用したサーモンは刺身用のサーモンを使用しています。多分刺身用じゃなくても良いとは思うんですが、ちょっと怖かったので。 使用するサーモンはこちら。近所の西友で割引になっていたもので、300g前後で600円弱だった気がします。二人分です。 水気を適当に拭いた後、半分にざっくりと切ってステンレスのトレー?バット?に置きます。実家にはバットというものは存在しなかったんですが、使ってみると非常に便利です。100均でも売っているので、適当に数枚そろえておくとなんだかんだ重宝します。 塩と水と砂糖を何やら混ぜ合わせたものに浸します。細かい分量はオライリーさんの「家庭の低温調理」を参照してください。なお、私は紙の本を買いましたが、

Goで(メールサーバを用意せずに)メールを送る
Next article

Goで(メールサーバを用意せずに)メールを送る

単純な興味というか、特にこれで何かを作るというわけではないのだけれど、ふと思い立って調べてみたら意外と情報が無かったのでメモを残しておきます。 Goでメールを送りたい、と思ったとき、Googleで検索してみると、net/smtpパッケージを使ってgmailのSMTPサーバを使用する、とかSendGridを使用する、とかそういった例ばかりが目につきました。これらはもちろん便利であることは疑いようもない(自前でメールサーバの管理とかやってられないし)んですけど、こういったSMTPサーバやらsendmail/postfixやらを使わなくても、本来SMTPではメールを簡単に送れるはず(なんと言っても「Simple Mail Transfer Protocol」ですから)、と思いました。 とはいえじゃぁどうしたら良いのか、と思ったとき、


Related Articles

Rakuten Mini unpacking
3 min read
AKG LYRAを購入した
2 min read
YOBYBO CARD20
5 min read
アーロンチェア リマスタード
2 min read

2020年3月時点での自宅機材・消耗品類まとめ

自分用のメモみたいなものですが、現時点(2020-04-12)で自宅で使用している家電や道具、消耗品類などをまとめてみます。 家電類 冷蔵庫: SHARP SJ-GW35C。2016年製、幅60cm、定格内容積350L。 食器洗い乾燥機: Panasonic NP-TH1。2018年製、幅550mm×奥行344mm×高さ598mm、庫内容量が約50L。

3 min read

GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK