builderscon tokyo 2018


2 min read
builderscon tokyo 2018

過日、かねてより準備してきたbuilderscon tokyo 2018が開催され、そして終了しました。

Opening

例年、buildersconでは主催の@lestrratさんがオープニングでお話をしているのですが、今年はなんと動画を作りました。

それがこちら。

オープニングムービーなので7分程度ですが、かなり気合いの入った動画となっております。詳しい情報は「builderscon tokyo 2018 オープニング作成の裏側」で紹介されています。

記事中でも解説されていますが、この動画、「The Stanley Parable」というゲームのオマージュとなっています。残念ながら開催時点で私はプレイしたことがなかったのですが、昨日プレイしました。面白い。ナレーションがナレーションのくせにこう、感情的なんですよね。怒ったり、悲しんだり。是非皆さんもプレイして(もしくはYoutubeとかでプレイ動画をみて)みてください。

Talk

2016年の初開催からコアスタッフとしてやってきた私ですが、今年はスピーカーとしても参加することが出来ました(スライドはこちら)。残念ながら一度は落選しており、キャンセルされた枠に滑り込む形でしたが、2016年はCfP落選、2017年は業務都合で当日参加出来ず、そして2018年は穴埋め登壇と、着実に進歩しています。来年は是非、きちんと「通った」スピーカーとして参加したい・・・!

twitterで私が話している時間帯のツイートを見ると、「Kubernetesがゲシュタルト崩壊」と複数の方に書かれていて、メダパニを書けてしまった気分です。しかし話題が話題なだけに仕方なかったんや!

スタッフとして

上でも書きましたが、今年は三年目のコアスタッフ参加でした。初年は北海道からのリモート参加、去年は当日に絡む仕事は出来ず、だったので、実質まともに参加したのは初めてです。
いくつかoctav(buildersconウェブサイトのバックエンドAPIサーバ)の修正を書き(マージされたとは言っていない)、当日スタッフのまとめ役をしたりしました。

当日スタッフのまとめは正直上手く出来たとは言えず、他のスタッフ(Discordの設定とか当日スタッフの担当割りの細かい調整をしてくれたtoriiさん、諸々印刷などしてくれたuessyさんに多大なる感謝を・・・)の助けを得てなんとか大きな問題無く終えることが出来ました。

タスクはまだ残っているので、これから一週間くらいかけてがしがしやっていきます。

来年は今年よりももっとコミットしていきたい所存です。

来年に向けて

buildersconのコアスタッフSlackでは、すでに来年の企画に向けて侃々諤々といった様相です。buildersconは他のカンファレンスに比べ、自由度が高い(と思っています)ので、何か面白いことをやりたい、と思ったかたは是非スタッフに参加してみてください。(そのうちスタッフ募集が始まる・・・はず)


fitbit versa三日目レビュー
Previous article

fitbit versa三日目レビュー

fitbit versaを使い始めて3日ほど経ったので、現時点での感想をば。 電池の持ちは前情報通り1日で20%〜25%減る程度 常時接続・Keep-AliveウィジェットはともにON 夜にお風呂/シャワー上がってから、翌日お風呂/シャワーに入るまで、で1日。 お風呂/シャワーの間に充電100% 画面つける動作の反応が悪い、という情報があったが、そんなに気にならない 歩数計は少し過敏な様で、実際歩いた歩数より多い気がする PCでの作業でも反応してる気がする 本体が防水でも、バンドが水を吸うと水に過敏になる 明日からはCLASSIC BANDに取り替えてみる

ingress-nginxで諸々設定する
Next article

ingress-nginxで諸々設定する

ingress-nginxを使用している際に、nginxに何か設定をしたいと思ったとき。 例えば、nginxは初期状態では、アップロードできるファイルの上限は1MBなのですが、これをもっと大きくしたいとき、nginxでは次のように設定します。 client-max-body-size 5m; これをingress-nginxでも設定したいと思ったとき、どうしたら良いか。 まぁ、簡単な話で、annotationで設定値を与えてあげれば良いです。 この場合だと、次のようにします。 metadata: annotations: nginx.ingress.kubernetes.io/proxy-body-size: 5m 設定できる値はingress-nginxのドキュメントに記載されています。


GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK