emacs-macでtwittering-modeを使った際に毎回PINを聞かれる問題の解消

twitterのクライアントとして、日頃からemacs上で動くクライアントの"twittering-mode"を使用しています。 ところが最近、新しいmacにインストールしたemacs-macでtwittering-modeを起動すると、毎回twitterのPINを聞かれるようになってしまいました。 毎回、毎回、起動時の暗号化フェーズで Encrypt failed Exit と言われ・・・・ 以前使っていたmacではこのようなことが無かったため、困っていたのですが、以下の手順により解決できました。 背景 結論から言うと、これはGnuPGのバージョンが新しくなったことによる問題でした。 GnuPG2.1.0から、gpg-agentとpinentryと呼ばれる二つのソフトウェアの利用が必須となりました。 twittering-mode事態はgpg-agentやpinentryが必須でも基本的に問題なく動作するようにはなっているハズ・・・でした。 しかし、これらのソフトウェアの必須化に伴って、これまで標準入力から入力できていたパスフレーズが標準入力から入力できなくなっており、そのために暗号化に失敗して毎回PINを聞く・・・という状態になっていたようです。 解決策 みんな大好きarch wiki に解決策がありました。 まず、~/.gnupg/gpg-agent.confに以下のように記述します。 allow-loopback-pinentry つぎに、~/.gnupg/gpg.confに以下のように記述します。 pinentry-mode loopback 最後に、gpg-agentを再起動します。 コマンドラインから、 $ gpgconf --kill gpg-agent でgpg-agentを再起動できます。 以上で、twittering-modeが正常に使用できるようになるはずです。

2017-05-09 · nasa9084