nasa9084
· 1 min read

調布技研でKubernetesの薄い本を出します

調布技研でKubernetesの薄い本を出します

調布技研、という怪しい団体がありまして、私はそこに所属しています。調布技研は主にSlack上で与太話をしている集団で、インフラとかの検証なんかを共同でやっていたりします。

来る10月08日に、技術書典という、技術系同人誌のイベントが開催されますので、そこで「色んなところでKubernetesを動かす本」という同人誌を出す予定です。

先ほど、無事入稿が完了しました。

私は「おうちKubernetesの作り方」と題して、自宅を含むオンプレでKubernetes環境を作るためのあれやこれやを執筆しました。ベースとなっているのは「趣味サーバーのインフラをKubernetesで整えた件」でもご紹介した私の自宅Kubernetes環境で、小規模ならばプロダクションにも使える環境です。

物理本1冊500円(電子版つき)、電子版のみは400円での頒布となる予定ですので、ぜひお買い求めください。場所はか16です。

なお、冒頭の画像はタイトルをミスった表紙です。