dbrandのCamera Skin (Pixel4用)を購入した


2 min read
dbrandのCamera Skin (Pixel4用)を購入した

dbrandはスマホやPC、タブレットといったデバイス用に「スキンシール」と呼ばれるアイテムを製造・販売しているカナダの会社です。スキンシールはデバイスを傷や汚れから守る薄いステッカーのような物です。

特にスマホにケースをつけずに使いたい、所謂「裸族」に人気の商品のようなのですが、私は普段Pixel4にケースを付けて使っているので、カメラ部分用のSkinを購入してみました。

今回購入したCamera Skin (Pixel4用)はお値段$1.95、日本への送料が$5.00で、合計$6.95でした。Camera Skinは小さいこともあって安いので、送料の方が高くつきますから、悔しいと思う人は他のSkinも合わせて買うと良いでしょう。

注文したスキンシールが届いた封筒がすごくおしゃれです。内袋?がこれなのではなく、これを裏返すと宛名シールが貼ってあって、この状態で届きます。

封筒を開け、中身を取り出してみると、二つの物が入っています。ひとつはSkinを貼る前に指紋を取るためのクロス、もう一つが本体(?)です。

裏返してみると、URLが書いてあり、Skinもこちら側に入っています。

今回購入したSkinはmatte blackです。所謂「マットブラック」から想像されるような、例えばPixel4の側面やNintendo switchのコントローラの表面のような見た目というよりは、もう少し合皮とかに近いような見た目/さわり心地です。むしろ普通の「マットブラック」よりはちゃんとしている、という印象を受けます。

失敗した時用に二枚入っている、というのも嬉しいポイントです。

貼り方については dbrand.com/how を参照せよ、ということなので見てみます。(見た後にdbranch camera skinで検索したらカメラについての説明部分を抜き出した動画が公式から出ていたので、そちらを貼っておきます)

再帰的に検索・動画を再生して画面表示が壊れて動画が終わってしまいました。まぁ、カメラ部分だけなので普通に貼れということでしょう。

貼った物がこちら。カメラ部なので多少仕方ないのですが、完全にぴったりサイズ、とはいかず、多少の余裕があるので、本体向けのスキンと同じように、台紙の裏に半分貼った状態で位置合わせをするのがおすすめです。

感想ですが、Pixel4の黒は背面がマットではなく、カメラの周りも光に当たると多少反射しますので、matte blackよりは他の色、black marbleとかblack carbonとかその辺の方がマッチしたかもしれません。また、これは保護フィルムとは違うので仕方ないのですが、カメラ部分・センサー部分は切り抜きで、どうしても段になってしまうため多少埃が溜まりそうに感じました。

基本的には(お値段を考えても)満足で、何か保護する物を貼りたいな〜と思っている人は購入してみたら良いと思います。


Getting Started Golang/WebAssembly
Previous article

Getting Started Golang/WebAssembly

WebAssembly(wasm)はブラウザ上で動作するアセンブリ「っぽい」言語で、C/C++やRust、Kotlin/Native、そして我らがGo言語などがwasm形式へのコンパイルをサポートするべく開発が進められています。昨年の12月にW3C勧告となりました。 Go言語では1.11でwasmのサポートが実験的に入り、syscall/jsパッケージをインポートすることで使用することができます。1.14でNaClサポートも終了しましたし、少しでも触っておいた方が良いかな、と感じたので、軽く動かしてみます。 まずは下準備として、適当に作ったプロジェクトディレクトリにwasm_exec.jsをコピーしてきます。

CentOS 8 x NetworkManagerでブリッジを作る
Next article

CentOS 8 x NetworkManagerでブリッジを作る

nmcliでブリッジを作るメモ。 まず、bridgeコネクションを作ります。 # nmcli con add type bridge ifname br0 これで/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bridge-br0が作成されます。なんかトラブったことがあった気がするので、STPを無効化しちゃいます。良くないのかもしれないけど。 # nmcli con mod bridge-br0 bridge.stp no


Related Articles

Rakuten Mini unpacking
3 min read
AKG LYRAを購入した
2 min read
YOBYBO CARD20
5 min read
アーロンチェア リマスタード
2 min read

2020年3月時点での自宅機材・消耗品類まとめ

自分用のメモみたいなものですが、現時点(2020-04-12)で自宅で使用している家電や道具、消耗品類などをまとめてみます。 家電類 冷蔵庫: SHARP SJ-GW35C。2016年製、幅60cm、定格内容積350L。 食器洗い乾燥機: Panasonic NP-TH1。2018年製、幅550mm×奥行344mm×高さ598mm、庫内容量が約50L。

3 min read

GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK