emacs-macでtwittering-modeを使った際に毎回PINを聞かれる問題の解消


1 min read
emacs-macでtwittering-modeを使った際に毎回PINを聞かれる問題の解消

twitterのクライアントとして、日頃からemacs上で動くクライアントの"twittering-mode"を使用しています。
ところが最近、新しいmacにインストールしたemacs-macでtwittering-modeを起動すると、毎回twitterのPINを聞かれるようになってしまいました。
毎回、毎回、起動時の暗号化フェーズで

Encrypt failed Exit

と言われ・・・・
以前使っていたmacではこのようなことが無かったため、困っていたのですが、以下の手順により解決できました。

背景

結論から言うと、これはGnuPGのバージョンが新しくなったことによる問題でした。
GnuPG2.1.0から、gpg-agentとpinentryと呼ばれる二つのソフトウェアの利用が必須となりました。
twittering-mode事態はgpg-agentやpinentryが必須でも基本的に問題なく動作するようにはなっているハズ・・・でした。
しかし、これらのソフトウェアの必須化に伴って、これまで標準入力から入力できていたパスフレーズが標準入力から入力できなくなっており、そのために暗号化に失敗して毎回PINを聞く・・・という状態になっていたようです。

解決策

みんな大好きarch wikiに解決策がありました。
まず、~/.gnupg/gpg-agent.confに以下のように記述します。

allow-loopback-pinentry

つぎに、~/.gnupg/gpg.confに以下のように記述します。

pinentry-mode loopback

最後に、gpg-agentを再起動します。
コマンドラインから、

$ gpgconf --kill gpg-agent

でgpg-agentを再起動できます。

以上で、twittering-modeが正常に使用できるようになるはずです。


MySQL on docker macな開発環境でローカルからMySQLに接続する
Previous article

MySQL on docker macな開発環境でローカルからMySQLに接続する

MySQLをdocker上に立てることで、ローカルの環境を汚さずにMySQLを使ったアプリケーションの開発を行うことができます。 特に、練習段階や、動作確認などの場合、 test_hogehoge な感じのデータベースやテーブルを作ってしまい、後片付けをしないために汚くなっていく、なんてこと、あるんじゃないでしょうか。 さて、MySQL on dockerへの接続、今までローカルにMySQLを入れて開発していたのでちょっと躓きました。 $ docker run -d -p 3306:3306 -e MYSQL_ROOT_

Fujitsu FACOM128Bを見てきた
Next article

Fujitsu FACOM128Bを見てきた

Open Source Summit Fujitsu Museum Tour)で、富士通 沼津工場まで行って、現在動作する世界最古のコンピュータであるリレーコンピュータ「FACOM128B」を見てきました。 Fujitsu FACOM128Bは1958年に作られたリレー式自動計算機で、富士通沼津工場に置かれているものは1959年製です。Fujitsu Webサイトから申し込みをすることで、中学生以上なら見学することができます。 圧巻です。エンジニアなら一度は見ておくと、感動ものです。


GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK