エスプレッソキューブ


3 min read
エスプレッソキューブ

四連休も二日が過ぎましたがいかがお過ごしでしょうか。COVID-19がどうのこうの、という以前に雨が降っていて外出する気になれませんね。

扨、皆さんはコーヒーは好きでしょうか。私はカフェラテとかカフェオレとか、まぁ牛乳で割った奴をよく飲みます。自宅にはミルもコーヒーメーカーもありますが、ここ二年ほどは専らnespressoに頼っており、在宅勤務中に牛乳割りを飲み続けているのでコーヒーカプセルの消費が激増しています(とはいえ、nespressoは一杯あたりおおよそ100円程度なので、外で飲むよりは圧倒的に安いですし、会社のカフェと比べても同程度のお値段です)。

そんな折に、エスプレッソキューブというちょっと変わった商品を見つけたので購入してみました。

エスプレッソキューブは淹れたてのエスプレッソを急速冷凍して、真空包装したもので、吉祥寺の自家焙煎コーヒーショップLIGHT UP COFFEEさんの商品です。今回注文したのは初回限定お試しの4個入りで、税込み・送料込みで1,480円でした。12個入り、30個入りとバリエーションがあり、もちろん多い方が安くなっています。一番安いのが一ヶ月に一度、30個入りが届くサブスクリプションプランである一番安いのが定期便で、5,600円です。このプランだと一杯あたり186円で、12個入りの一個あたり291円に比べると100円以上安くなります。

エスプレッソを国内のカフェで注文すると(参考: segafredo)一杯300円程度ですから、12個入りならばお店とほぼ変わらず、定期便ならば安い、といえるでしょう。

中身のキューブは個包装で、このようなパッケージに入っています。webで見た感じだともっとビニールっぽい感じのパッケージかと思っていたら、表面は紙っぽい感じでした。使用している豆は季節のおすすめということで、今回届いた物はLEONCIO - COSTA RICAと書いてありました。

「エスプレッソキューブの楽しみ方」、というリーフレットが付属していて、片面には冷たいレシピが、もう一面には温かいレシピが書かれています。トニック割りはやってみたいですけど、近所のスーパーはトニックウォーター売ってないんですよね・・・

今回はアイスカフェラテにしていきます。

ところで、すごく細かいところではあるんですけど、適当に手で開封してもきれいに切れるパッケージというのは大変素晴らしい物ですね。

グラスに出したキューブの見た目はこんな感じ。あんまり見た目は(webで見られる写真と比べて)良くないように見えますが、まぁ濃いものの氷なのでこんな物でしょう。

レシピによると電子レンジ(500W)で30秒温めよ、とのことなのでやってみます。

30秒温めたものがこちら。温かくはなっておらず、ほんの少し氷が残っていて、いい感じに溶けただけ、という頃合いです。これに砂糖を溶かして、牛乳を入れます。

牛乳で割りました。香りがとても良いですね。これが急速冷凍のなせる技なのか、豆の種類による物なのか、はちょっとこれだけではわかりませんが・・・

外出自粛でカフェに行く、ということも無くなりましたから、通販で買える美味しいエスプレッソ、という意味では購入する価値があるのではないでしょうか。


まな板リフター
Previous article

まな板リフター

どうもこんにちは。家庭料理研究部機材班の@nasa9084です。突然ですが、皆さんのご家庭の調理台の高さは何cmでしょうか。少し古めの家屋であれば80cm、最近であれば85cmが多いそうです。我が家(2017年築)でも、実際に測ってみたところ85cmでした。 一般に、(身長÷2)+5 [cm]が使いやすいキッチンの高さと言われており、85cmというのは身長がおよそ160cmの人に最も適した高さです。私は身長が175cmで、この式によると92.5cmが適した高さとなり、実際には7.5cm低い、ということになります。実際の使用感としても、


Related Articles

GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK