fitbit versaを購入したので開封の儀


2 min read
fitbit versaを購入したので開封の儀

スマートウォッチ的なものが欲しいなーと思ったので、fitbit versaを購入しました。
fitbit versaはその名の通り、fitbitが今年(2018)の6月に発売したスマートウォッチです。トップの写真からもわかるように、若干Apple Watchに似ています。
元々、Huawei Watchが欲しいなーと数年前に思っていたんですが、(当然ながら)新しいモデルが出ており、これがまた初代のHuawei Watchとは全く方向性の違うスポーツタイプ。これはちょっと・・・と言うことでPebbleもいいな、と探してみると、いつの間にやらサポートが終わってしまっていました。よくよく調べると、Pebbleはfitbitに買収されたとのことでした。かといってApple Watchを買うかというと、私はAndroidユーザですから、そういう選択肢はありませんでした。

そうこう考えながらいろいろ検索したりなんかしていたんですが、fitbit versaが実質的にPebbleの後継であるという情報を見たり聞いたりしました。お値段もお手頃で、これならまぁいざ微妙でも、買い換えもできるかな、という気持ちもあり、購入に踏み切りました。(fossilの新しいやつもよさげなんですが、ドルで見た金額と円で見た金額が大幅に違って萎えました)

outsitde_box
外箱はこんな感じです。fitbit versaは、通常モデル(シリコン?ゴム?のバンド)が3種類と、SPECIAL EDITION(布バンド)が2種類の計5種類で展開されています。元々海外モデルではSPECIAL EDITIONにのみNFCが搭載されているという違いがあったようなのですが、日本版では機能的違いは無いようです。
通常モデルの黒と、SPECIAL EDITIONのグレーですごく悩みました。本体の色はグラファイトの方が良さそうだし、バンドも布の方がよさげに見えたんですが、布バンドは濡れたら乾くまで時間かかりそうなので、ゴムバンドのほうが良いのかな・・・と・・・(店頭で悩み続けたので若干怪しかったかも?)。でもまぁ、本体の色はブラックよりグラファイトの方がよさげでしたし、ゴムバンドは純正の交換バンドとして売ってるから、後で買うこともできるか、ということでSPECIAL EDITIONのグレーにしました。今回ビックカメラで買ったんですが、ビックカメラではカードの様なものをレジに持って行くんです。で、商品を受け取ってみたら箱の右下に「PLUS EXTRA CLASSIC BAND」の文字・・・。

EXTRA BAND
帰ってから開封してみたら、案の定通常モデルと同じクラシックバンドが付属してました。ついてるなら早めに言ってほしかった・・・あれだけ店頭で悩んだ私の時間とは・・・。!

film
本体の画面を保護していたフィルムを取ってみて気づいたんですが、小さなクッションのようなものがついてました。ボタンが押ささらない様にとの配慮なんでしょうけど、こういう細かい気遣いは初めて見たので少しだけ感動しました。

versa
非常に軽く、そしてエッジが削られているので薄く見えるため、非常にスマートです。写真で見る限りではベゼルが結構幅広なのが気にかかった(最近はZenfone 5Zを使っていることもあり、ベゼルは小さい方がいいなーと思っていた)のですが、実際画面をつけてみると、意外と気になりませんでした。

元々腕時計など、腕に何かをつけるという習慣がないので、どうなるかわかりませんが、しばらく使ってみようと思います。


趣味サーバーのインフラをKubernetesで整えた件
Previous article

趣味サーバーのインフラをKubernetesで整えた件

趣味でサーバー運用をしています。札幌在住の大学生時代から運用を開始し、引っ越しに伴い朝霞へ移設、現在はコミュニティで使用している自宅外のラックへ移設されましたが、変わらず動いています。 この「趣味サーバー」は購入当初からKVMをベースとした(OpenNebulaを使用しています)プライベートクラウド基盤として使用してきました。今も変わらずベースはOpenNebula/KVMなのですが、この度晴れてKubernetesを中心とした構成に組み替えたのでご紹介します。 尚、サーバ台・電気代・インターネット代を除くソフトウェア料金は基本的に無料で済んでいます。 物理層 このプライベートクラウド基盤は3層で構成されています。 その最も下の層が物理層です。その名の通り物理サーバそのものですね。物理サーバとしてDELLのR410(ヤフオクで1万弱で購入・4コア8スレッド×2、

EC2インスタンスからEKS上のアプリケーションにアクセスしたい
Next article

EC2インスタンスからEKS上のアプリケーションにアクセスしたい

TR;DR KubernetesのServiceで、Internal LoadBalancerってのがあるので、それを使うと良い Internal LoadBalancer 皆さんはEKS、もう使ってますか?私は使っています。業務システムをリプレースで新規開発する的な案件で、新システムの基盤がEKSという感じです。EKSはネットワークが素敵に気持ち悪い感じになっており、普通はKubernetesのクラスタ内部っていうのは、外側と別のサブネットを作る訳なんですが、なんとEKSが所属するVPCと同じサブネットで接続できるようになっています。 そんなわけで、同一VPCに存在したり、VPC PeeringしたりなんかしちゃってるEC2インスタンスとEKS上のPodはIPアドレスベースでは普通に接続がとれちゃったりするんです。 EKS上のアプリケーションから、EC2インスタンスへアクセスしたいときは、普通にEC2インスタンスのIPアドレスやら内部エンドポイントへアクセスすれば良いですね。EC2インスタンスが動きっぱなしならまぁさほどIPも変わらんでしょう(


Related Articles

RAMマウントをQi対応にする
2 min read
Desk Tour 2021.04
4 min read
switchbot-exporterを書いた
2 min read
Soundcore Life Q30
3 min read

GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK