Kolla-AnsibleでOpenStack Ocata環境を構築する

OpenStack Kollaを用いると、比較的簡単にOpenStack on Docker環境を構築することができます。 今回はKolla-Ansibleを使用してall-in-one構成で4.0.0(Ocata)環境を構築してみます。

Kolla-AnsibleでOpenStack Ocata環境を構築する

OpenStack Kollaを用いると、比較的簡単にOpenStack on Docker環境を構築することができます。
今回はKolla-Ansibleを使用してall-in-one構成で4.0.0(Ocata)環境を構築してみます。
基本的な手順は公式ドキュメントに沿っています。

VMを用意する

まず、VMを一台用意します。勿論物理マシンでもかまいません。
要件は以下の様になっています。

  • 2 Network Interfaces
  • 8GB or more RAM
  • 40GB or more free Disk Space

今回はvmware vSphere上にCentOS 7の仮想マシンを作製しました。
2つのNetwork Interfaceのうち、片方はIPを持っている状態(Activated)、片方はIPを持っていない状態(Deactivated)にします。
CentOS 7の場合、nmtui等を使用すると簡単にActivate/Deactivateできます。

今回はActivatedされているNetwork Interfaceの名前をens160でIPを192.168.1.10/24、Deactivateされている方の名前をens192とします。

予め、ip aコマンドでどちらのインターフェースも状態がUPになっていることを確認しておきます。
(DOWNになっている場合はip link set ens192 upなどとしてUPにする)

また、今回は簡単のため、firewalldを無効化しておきます。

$ sudo systemctl stop firewalld
$ sudo systemctl disable firewalld

依存するライブラリ等を導入する

Kolla-Ansibleの実行に必要なライブラリ・ソフトウェアを導入していきます。

pipの導入

AnsibleはPythonで書かれたソフトウェアです。Ansibleをインストールするため、Pythonのパッケージ管理ツールであるpipを導入します。
CentOSの場合、以下の手順で導入可能です(諸般の事情により、Pythonが2系であることには目を瞑ります)。

# yum install epel-release
# yum install python-pip
# pip install -U pip        # pipを最新版にアップグレード

また、pipでパッケージをビルドするのに必要ないくつかの依存ライブラリを導入しておきます。

# yum install python-devel libffi-devel gcc openssl-devel libselinux-python

Ansibleのインストール

Ansibleをインストールします。
Kolla-AnsibleでOcata環境を構築するために必要な最小バージョンのAnsibleは2.0.0であり、Kolla-ansible precheckで発生するエラーの対処に記載のあるように最新バージョンのAnsibleではエラーが発生します。
エラーを回避するため、以下の様にAnsibleをインストールします。

# pip install ansible==2.2

上記コマンドにより、Ansible 2.2系がインストールされます。

Dockerのインストール

# curl -sSL https://get.docker.io | bash

を実行します。
実行後、正常にインストールができたか確認するには、

# docker --version

を実行して、最新のDockerがインストールされていることを確認します。

dockerの設定

以下のコマンドで設定を追加します。

# mkdir -p /etc/systemd/system/docker.service.d

# tee /etc/systemd/system/docker.service.d/kolla.conf <<-'EOF'
[Service]
MountFlags=shared
EOF

# systemctl daemon-reload

# systemctl restart docker

docker pythonライブラリのインストール

pythonからdockerを操作するため、ライブラリをインストールします

# pip install -U docker

NTPの導入

OpenStackはRabbitMQとCephが正常に動作するために、正確な時間の同期が必要です。
そのため、NTP導入します。

# yum install ntp
# systemctl enable ntpd.service
# systemctl start ntpd.service

libvirtdを停止する

libvirtdが動作している場合、以下のコマンドで停止します。

# systemctl stop libvirtd.service
# systemctl disable libvirtd.service

Kolla-Ansibleをインストールする

ようやくKolla-Ansibleそのものの導入に移ります。
Kolla-Ansibleはpipでインストールできますので、以下のコマンドでインストールします。
現時点[1]で、5.0.0(Pike)のインストールは正常に行うことができませんので、4.0.0(Ocata)のインストールを行います。

# pip install kolla-ansible==4.0.0

インストールが完了すると、コンフィグ例もインストールされていますので、コンフィグを置くべきディレクトリにコピーします。

cp -r /usr/share/kolla-ansible/etc_examples/kolla /etc/kolla/
cp /usr/share/kolla-ansible/ansible/inventory/* .

Kolla-Ansibleの設定を行う

Kolla-Ansibleの設定を行います。
お好みのエディタで/etc/kolla/globals.ymlを開き、次の部分を編集します。

  • kolla_internal_vip_address: 値を192.168.1.10とする
  • network_interface: コメントアウトを外し、値をens160とする
  • neutron_external_interface: コメントアウトを外し、値をens192とする
  • Kolla optionsのすぐ下にenable_haproxy: "no"を追記する

編集が完了したら、次のコマンドでパスワードを生成します。

# kolla-genpwd

novaの設定を行う

以下のコマンドでハードウェアアクセラレーションが使用できるかどうかを確認します。

# egrep -c '(vmx|svm)' /proc/cpuinfo

一般に、多重化仮想環境では0が返ることが多いと思います。
0が返ってきた場合、以下のコマンドでnovaの設定を追記します。

# mkdir -p /etc/kolla/config/nova
# cat << EOF > /etc/kolla/config/nova/nova-compute.conf
[libvirt]
virt_type = qemu
cpu_mode = none
EOF

ImageをPullする

OpenStackのコンポーネントイメージをPullします。
Kolla-Ansibleでこれらも自動化されているため、以下のコマンドを実行すればPullできます。

# kolla-ansible pull -i all-in-one

all-in-oneはインベントリファイルで、コンフィグ例のコピー時にカレントディレクトリにコピーされているはずです。

Kolla-Ansibleをデプロイする

いよいよ、Kolla-Ansibleのデプロイの時間です。
まずは正常に設定できているか、プリチェックを行います。

# kolla-ansible prechecks -i all-in-one

これが通ってもデプロイが成功するとは限りませんが(悲しい)、これが通らないと確実にデプロイが失敗します。
プリチェックが問題なく成功したら、以下のコマンドでデプロイを行います!

# kolla-ansible deploy -i all-in-one

デプロイ後の処理を行う

デプロイが成功したら、以下のコマンドで後設定を行います。

# kolla-ansible post-deploy

このコマンドでadmin-openrc.shが生成されるハズです。
デプロイが成功したかどうか確認するために、以下のコマンドでネットワークを初期化します。

# . /etc/kolla/admin-openrc.sh
# cd /usr/share/kolla-ansible
# ./init-runonce

パブリックネットワークの設定を行う

以下のコマンドで、パブリックネットワークを設定します。

# ip addr add 10.0.2.1/24 dev br-ex
# ip link set br-ex up
# ip route add 10.0.2.0/24 dev br-ex

Dashboardにアクセスする

デプロイは以上でおわりです。
Webからダッシュボードにアクセスしてみましょう。
以下のコマンドでログインパスワードを確認することができます。

# env | grep OS_PASSWORD

ブラウザから、192.168.1.10にアクセスし、adminユーザ、上記コマンドで表示されたパスワードでログインします。

以上で、Kolla-Ansibleを使用したOpenStack Ocataのデプロイは終了です!


  1. 2017年10月4日現在 ↩︎

Subscribe to