Kubernetes-powered Docker for mac is released!


2 min read
Kubernetes-powered Docker for mac is released!

DockerCon EU 2017で、DockerがKubernetesを統合・サポートすると発表されましたが、本日ついにKubernetesサポート版Docker for macが(Edgeリリースですが)リリースされました!

これにより、macを使用している場合は(おそらく過去最も簡単に)開発用Kubernetesクラスタを起動することができるようになりました!

この記事では、Docker for macでKubernetesを立ちあげる手順をまとめておきます。

Kubernetesの起動手順

Docker for macのStable版を利用している場合、Edge版をインストールする必要があります。
Install Docker for macのページから、Edge Channelのインストーラをダウンロードし、インストールします。
Dockerを終了させておけば、Stable版を自分でアンインストールする必要はありません[1]
Edge版をインストールし、Dockerの設定画面を開くと、以下の様にKubernetesタブが追加されています!!

Docker設定画面(General)

Kubernetesタブで、Kubernetesの有効化・無効化を簡単に切り替えることができます。

Docker設定画面(Kubernetes)

Enable Kubernetesにチェックを入れ(Show system containersはお好みで)、Apply & Restartボタンを押すと、「Kubernetesの初回インストールは少し時間かかるけど、インストールする?」という確認画面が出るので、Installを押します。

docker-preference-progress-kubernetes

一応プログレスバーが出るのですが、余り意味はありませんでした・・・
数分でインストールが終わります。

docker-preference-done-kubernetes

無事インストールが終了したら、Closeを押したあと、設定画面を閉じます。

この時点で、DockerメニューにもKubernetesのステータスが表示されています。

docker-menu-kubernetes-is-running

今回私はShow system containersをオンにしたので、docker ps[2]するとKubernetesの動作に必要なコンテナが起動しています。
DNS、API Server、Etcd、Scheduler、Proxyと最小限の構成ですね。

kubectlが自動でインストールされるのかどうかは・・・・わかりませんでした。(すでにインストール済みだったため)
kubectlがインストール済みの場合、自動でコンフィグが追加され、以下のコマンドでcontextを選択することで操作できるようになります。

$ kubectl config use-context docker-for-desktop

docker-kubectl-get-nodes

kubectl get nodesすると、確かに1ノード構成でクラスタが立ち上がっているのがわかります。


  1. Edge版の初回起動時にアンインストールされます ↩︎

  2. docker container lsと打つのは面倒ですね ↩︎


go-sqlrow
Previous article

go-sqlrow

この記事はGo2 Advent Calendar 2017 13日目の記事です。 昨日は@kami_zhさんの Goで標準出力をキャプチャするパッケージを書いた でした。 go-sqlrow Go言語で標準パッケージを使用してRDBMSからデータを取ってくるには、以下の様に書きます[1]。 type Person struct { ID string Name string } db, _ := sql.Open("

container-upというツールを書いた
Next article

container-upというツールを書いた

container-upというツールを書いたのでご紹介。 背景 このブログはghostというブログエンジンで動いています。動作環境としてDockerを使用していて、Ghostの公式イメージを使用しています。 過去の経緯から、単体のDockerコンテナで動作させており、永続データはDockerボリュームとしてマウントしている形です。 扨、Docker ComposeやKubernetesなどのオーケストレーションツールを使っている場合、コンテナのバージョンアップは比較的簡単に行うことができます。 たとえば、Docker Composeを使用している場合、docker-compose upで、新しいイメージで作成したコンテナに差し替えることができます。 しかし、Dockerを単体で使っている場合、基本的には手作業で差し替えを行う必要があります。 Ghostコンテナの更新時は手作業でBlue-Greenアップグレードを行ってきたのですが、Ghostはかなりアップデートのペースが速く、毎度コンテナを差し替えるのが面倒になってきました。 それを楽にするため、


GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK