LINE DEVELOPER DAY 2018に参加した


3 min read
LINE DEVELOPER DAY 2018に参加した

LINE DEVELOPER DAY 2018はLINEの技術に関して紹介するイベントで、2018年11月21日に開催されたので、参加してみました。

八芳園

開催地は白金台の八芳園です。初めて来たのですが、厳かな日本庭園なんですね。ちょっと気後れしてしまいます。

DevDayのれん

八芳園の入り口にはDEVELOPER DAYのロゴ入り暖簾が下がっていました。

道ばたにたたずむDevDay行灯?灯籠?
道案内の方が持つ提灯もDevDay仕様でした

会場の建物に向かうには庭園を抜ける必要があり、八芳園を少しですが楽しめるのはなかなか良かったように思います。

受付。茶会のような雰囲気を感じます
受付の直後に休憩所的なものが。ここで休憩する人はいるのでしょうか?
大きい提灯もありました。雨じゃ無くて良かったですね

受付は外にあり、非常に良い雰囲気でした。雨だったとしても建物の中でやれる様なプランはあったのでしょうが、雰囲気が大きく変わっていたと思いますので、雨じゃ無くて良かったですね。

建物にはいってすぐDevDayロゴ
イベント名推し推し

GitHubのイベントに行ったときなんかも思ったのですが、会場の壁でこういうことをできるのは企業主体のカンファレンスのすごいところだなーと思います。
これだけで雰囲気が結構違うとは思うんですが、コミュニティ主体だとここにお金をかける意味はあんまり無いので、やろうという話にもならないことが多い気がします。

ポスターセッション

写真を撮った時点ではまだオープニングセッションの最中だったので稼働はしていなかったのですが、会場では通常の発表の他、ポスターセッションも行われるようでした。

toriiさん

カメラを向けても止まってはくれなかったのでちょっとぶれちゃってますが、歴戦のカンファレンススタッフであるとりいさんもスタッフ参加とのこと。

LINE DEVELOPER DAY 2018は参加費無料で、約1300人の動員(予定)だそうです。


git ignoreコマンドで.gitignoreを取得する
Previous article

git ignoreコマンドで.gitignoreを取得する

割とみんな知ってるのかもしれないですが。 git-xxxという名称で実行可能ファイルをパスの通ったところに配置すると、git xxxというgitのサブコマンドの形で実行することができるようになります。これを利用したのが拙作git-licenseで、git license [option] license_name > LICENSEの形で実行するとLICENSEファイルを簡単に作成することができます。 その他、git configでエイリアスを指定して、サブコマンドとして登録することも可能です。 同様にして、git ignoreで`.gitignoreファイルを簡単に取得できるようにしてみましょう。 おそらく現代では多くの人が.gitignoreの生成やテンプレート化をして、あるいはテンプレート化されたものを利用しているのではないでしょうか。GitHubのWUI上でリポジトリを作成するときにも生成することができますし、そのさい使用される.

Generator Pattern
Next article

Generator Pattern

Generator PatternはGo言語における並列処理パターンの一つで、goroutine-safeな値列の生成などに使用することができます。 コードを見た方が早いと思いますので、コードを掲載しましょう。 次の例は複数のgoroutineから共通の連番を採番したいときに利用することができます。 func GenInt(ctx context.Context, max int) <-chan int { ch := make(chan int) go func() { defer close(ch)


Related Articles

gitにもaliasの指定ができる件
2 min read
builderscon tokyo 2018
2 min read

GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK