Ergodox EZを購入した


2 min read
Ergodox EZを購入した

割と今更感もなくはないのですが、Ergodox EZという分割キーボードを購入しました。
Ergodoxは基本的には自分でパーツを揃えて組み立てる、いわゆる自作キーボードの一つですが、オープンソースで設計などが公開されており、その設計を使って完成品を販売しているのがErgodox EZです。
今回は公式サイトから購入しました。

構成は次のようなものです。

  • Color: BLACK
  • Tilt kit/Wing Rest: YES
  • Keycap: Blank
  • Switches: Cherry MX Blue

以上で$325、日本円で37,125円でした。送料がかかるという情報も多かったのですが、送料は無料で、関税が2000円ちょいくらいかかりました。

box of wing rest

wing restの箱は凹んでいました。。。
まぁ、ペラッペラのビニールだけの状態で渡航して来たので、こんなものでしょう。
箱自体はしっかりしており、多少凹んでも中の本体には影響ありませんでした。

ergodox ez

いつ使うのかよくわからないワッシャーと、キートップ・スイッチの交換に使う道具、謎のステッカーがついていました。
web上には日本語の情報がなく、ごく最近のことだと思うのですが、現在販売されているErgodox EZにはCIYという機構が組み入れられています。キースイッチが半田付けされておらず、いわゆるソケットのようなものに刺さっているため、自分でキースイッチを交換できる、というものです。
このため、自作のErgodoxか、キーボードの故障を覚悟の上での改造のみで可能だった、一部のキースイッチのみ交換する、などが簡単に行えるようになっています。

ergodox in office

現在は会社で使っています。
やはりエンターキー周りがなれず、slackでちょいちょい誤爆しますね。
できるだけJIS配列に近づけた構成にしており、現在のファームウェアはnasa9084/qmk_firmwareのdevelopブランチで管理しています。
今の所レイヤーはうまく使いこなせていないため、いいかんじの知見があれば教えてほしいところです。

ファームウェアのコンパイル時、arch linuxの場合、sudo pacman -S avr-libcする必要があったほか、macosの場合、brew install avr-gccする必要があったのですこしハマりました


Ceph RBDをKubernetesのStorageClassとして登録する
Previous article

Ceph RBDをKubernetesのStorageClassとして登録する

Kubernetesで何らかの永続データを保存する場合、通常PersistentVolumeと呼ばれる永続ストレージを使用します。Persistent VolumeはNFSなどのネットワークストレージを直接指定することもできますが、ボリュームを手動で用意する必要があり、非常に面倒です。 そのため、ブロックストレージサービスをバックエンドとしてdynamic provisioningと呼ばれる、自動でボリュームを作成する機能も用意されています。 dynamic provisioningを使用する場合、バックエンドのprovisionerをStorageClassと呼ばれるリソースに登録しておきます。クラウドでKubernetesを使用している場合はAWS EBSなどを使用するでしょう。 オンプレミスや自宅でKubernetesを使用している場合、GlusterFSやCeph RBDを使用することができます。今回はCephを使用してPersistentVolumeを作成するまでの流れを説明しましょう。 下準備 今回はOpenNebula上にCentOS 7のVM(2GB RAM/1Core

jessevdk/go-flagsでサブコマンドを実装する
Next article

jessevdk/go-flagsでサブコマンドを実装する

Go言語を用いてコマンドラインツールを開発する際、皆さんはフラグのパースやサブコマンドの実装にどんなパッケージを使用していますか?標準のflagパッケージのほか、、spf13/cobra、alecthomas/kingpinなどもよく使われているようです。 私は専ら、jessevdk/go-flags(以下go-flags)を使用しています。 go-flagsはその名の通り、基本的にはオプション/フラグの解析用パッケージで、ドキュメントもフラグ解析に関するものがほとんどです。 しかし、go-flagsでは、サブコマンドの実装も可能です。今回はこれに焦点を当ててご紹介していきます。 go-flagsでは、親コマンドにサブコマンドを登録する、という形でサブコマンドを実装していきます。サブコマンドは構造体として実装し、それぞれがオプションを格納する構造体を兼ねる形となります。


Related Articles

初めての自作ケーブル
4 min read

GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK