nasa9084
· 1 min read

git repositoryの初期化ルーチン

git repositoryの初期化ルーチン

おそらくみなさんもgit repositoryを作る時、毎回だいたい同じような手順で初期化をするのではないでしょうか。
メモがてら、自分の初期化ルーチンをまとめておきます

tools

使用しているツールは以下の通り:

routine

# 新しいリポジトリ用のディレクトリを作成
$ mkdir new-repository
$ cd new-repository
$ git init
# GitHub上にnasa9084/new-repositoryリポジトリを作成
# hubコマンドの機能
$ git create
# まずは空の状態で初回コミット
$ git commit -m 'initial commit' --allow-empty
# .gitignoreを作成(今回はgo言語プロジェクト向け)
$ git ignore emacs,macos,go > .gitignore
$ git add .gitignore
$ git commit -m 'add .gitignore for emacs,macos,go'
# LICENSEを作成
$ git license -u nasa9084 mit > LICENSE
$ git add LICENSE
$ git commit -m 'add MIT License'
$ git push -u origin master

ここまでがルーチンで、ここからMakefileを作ったり開発したりします。