git repositoryの初期化ルーチン


1 min read
git repositoryの初期化ルーチン

おそらくみなさんもgit repositoryを作る時、毎回だいたい同じような手順で初期化をするのではないでしょうか。
メモがてら、自分の初期化ルーチンをまとめておきます

tools

使用しているツールは以下の通り:

routine

# 新しいリポジトリ用のディレクトリを作成
$ mkdir new-repository
$ cd new-repository
$ git init
# GitHub上にnasa9084/new-repositoryリポジトリを作成
# hubコマンドの機能
$ git create
# まずは空の状態で初回コミット
$ git commit -m 'initial commit' --allow-empty
# .gitignoreを作成(今回はgo言語プロジェクト向け)
$ git ignore emacs,macos,go > .gitignore
$ git add .gitignore
$ git commit -m 'add .gitignore for emacs,macos,go'
# LICENSEを作成
$ git license -u nasa9084 mit > LICENSE
$ git add LICENSE
$ git commit -m 'add MIT License'
$ git push -u origin master

ここまでがルーチンで、ここからMakefileを作ったり開発したりします。


x/crypto/openpgpでデータを暗号化する
Previous article

x/crypto/openpgpでデータを暗号化する

OpenPGPはPGP(Pretty Good Privacy)をベースとした暗号化フォーマットです。 Go言語でもgolang.org/x/crypto/openpgpという準標準パッケージで提供されています。 PGPは公開鍵暗号としてメールの暗号化等でよく使用されますが、パスフレーズを用いた対称暗号として使用することもできますので、今回はこちらを紹介します。 TL;DR 暗号化にはSymmetricallyEncrypt()を使用する 復号にはReadMessage()を使用する prompt次第で無限ループする恐れがあるので注意 暗号化 x/crypto/openpgpパッケージでパスフレーズを用いてファイルを暗号化するには、SymmetricallyEncrypt関数を使用します。

gitにもaliasの指定ができる件
Next article

gitにもaliasの指定ができる件

tl;dr .gitconfigにもaliasの登録ができる [alias]ブロックにaliasを登録する tagsで単数・複数の悩みを解消する discardで変更を取り消す unstageでaddを取り消す uncommitでcommitを取り消す ignoreで.gitignoreを生成する git aliases この記事は今すぐalias登録すべきワンライナー by ゆめみ① Advent Calendar 2018の6日目の穴埋め記事です。 こちらのアドベントカレンダーは今すぐalias登録べきワンライナーということで、みなさん.bashrcや.zshrcのaliasについて記事を書いてらっしゃいますが、実は.


GO TOP

🎉 You've successfully subscribed to something tech.!
OK