kubespray

ingress-nginxを使用してオンプレでもIngressを使用する

TL;DR ingress-nginxを使用するとオンプレでもIngressを使用出来る MetalLBと組み合わせる Ingress IngressはKubernetesの機能の一つで、L7 LoadBalancerの機能を持ちます。先日紹介したtype LoadBalancerは、L4 LoadBalancerで、クラスタ内のDNSで名前解決をし、IP制限などをすることが出来ます。それに対し、Ingressでは、HTTPSの終端となることが出来、ホスト名ベース・パスベースのルーティングを行うことが出来ます。 通常、オンプレでKubernetesを構築した場合、Ingress Controllerと呼ばれる、Ingressを作成する機能が無いためにIngressを使用することが出来ません。 しかし、

ingress-nginxを使用してオンプレでもIngressを使用する
Read more...

kubesprayを使用してkubernetes clusterを構築する(2)

3ヶ月ほど前に、kubesprayを使用してkubernetes clusterを構築するという、kubesprayとkubespray-cliを使用してKubernetesクラスタを構築する記事を書きました。 しかし、kubespray-cliはすでにdeprecatedだということなので、kubespray-cliを使用せずにkubesprayでクラスタを構築する手順をまとめておきます。 要件 kubesprayを使用してkubernetesクラスタを構築するための要件は以下のようになっています。 ansible 2.4以降とpython-netaddr (python-netaddrを忘れがちなので注意) pip install ansible netaddr Jinja 2.9以降(ansibleの依存でインストールされると思います) 構築先サーバがインターネットに接続できること 構築先サーバでswapが無効化されていること 構築先サーバでIPv4 forwardingが有効になっていること

kubesprayを使用してkubernetes clusterを構築する(2)
Read more...

kubesprayを使用してkubernetes clusterを構築する

注意: 情報が古くなっています。新しい情報にあわせて記事を書いたので、そちらをご覧ください。 kubesprayはproduction readyなkubernetes(k8s)クラスタを構成できるツールです。 Ansibleをベースに作られているため、任意のサーバでk8sクラスタを構成できます。 今回は、3台のVMを用意してクラスタを構成してみます[1]。 検証環境 今回用意したVMは以下の構成です。 2Core 8GB RAM 80GB HDD CentOS 7 IPアドレスは以下の様になっているものとします。 192.168.

kubesprayを使用してkubernetes clusterを構築する
Read more...
Load more