load balancer

外部サービスをIngress backendとして使用する

TL;DR Service type: ExternalNameを使用する External Service Kubernetesでは、Ingressを使用することで、ホスト名ベースのロードバランシング/リバースプロキシを行うことが出来ます。その際、プロキシ先としてKubernetes上のServiceを指定するのですが、場合によってはKubernetesクラスタ外のサービスをプロキシ先としたい場合があります。例えば、弊宅の環境では、次の様にプロキシしています。 基盤であるOpenNebulaのダッシュボード以外は*.web-apps.techとして、Kubernetesへとルーティングしています。 ところで、本ブログは現在Kubernetes上へ移行作業中です。今のところはまだ、Kubernetes上へ載せていません。

外部サービスをIngress backendとして使用する
Read more...

ingress-nginxを使用してオンプレでもIngressを使用する

TL;DR ingress-nginxを使用するとオンプレでもIngressを使用出来る MetalLBと組み合わせる Ingress IngressはKubernetesの機能の一つで、L7 LoadBalancerの機能を持ちます。先日紹介したtype LoadBalancerは、L4 LoadBalancerで、クラスタ内のDNSで名前解決をし、IP制限などをすることが出来ます。それに対し、Ingressでは、HTTPSの終端となることが出来、ホスト名ベース・パスベースのルーティングを行うことが出来ます。 通常、オンプレでKubernetesを構築した場合、Ingress Controllerと呼ばれる、Ingressを作成する機能が無いためにIngressを使用することが出来ません。 しかし、

ingress-nginxを使用してオンプレでもIngressを使用する
Read more...

MetalLBを使用してオンプレでもtype: LoadBalancerを使用する

TL;DR MetalLBを使用することでオンプレ(not on OpenStack)に構築したk8sでもtype: LoadBalancerを使用できる type: LoadBalancer kubespray等を使用して、Kubernetesをオンプレ(on OpenStackを除く)で構築した場合、通常、type: LoadBalancerを使用することができません。これは、type: LoadBalancerは通常CloudProviderにより管理されており、オンプレ(on OpenStackを除く)でk8sを構築した場合にはCloudProvider連携が無いためです。

MetalLBを使用してオンプレでもtype: LoadBalancerを使用する
Read more...
Load more