sous vide

超級カツ丼をAnovaでやった

めしにしましょうに出ていた、超級カツ丼をAnovaを使ってやってみました。 まずはお湯を予熱しておきます。58度です。 給湯器で温度を上げたお湯を使うと調理開始が早くなる、ということを学びました。 今回のお肉はこちら。近所の西友で97円/100gのアメリカ産豚肩ロース522gです。 適当にIKEAのジップロックっぽいやつに入れて空気を抜いておきます。 前回に比べて重いせいか大きいせいか、あまり上手く空気を抜けませんでした。 ちょっと不安だったものの、まぁイケるでしょとそのままやっていきです。 投入。今回は24時間(!)やっていきます。 24時間たったお肉がこちら。おいしくなさそう。 タマネギをスライス(スライサーなどないので包丁で薄切り)していきます。指を少しそぎました。痛い。 肉は四分割しました。

超級カツ丼をAnovaでやった
Read more...

Anovaが届いたのでHello Worldした

去る5月12日、肉の祭典であるところのbuilderscon 低温調理肉会 2018 Springが開催されました。 その名の通り、Anovaで低温調理された肉をひたすら食うというイベントで、大変に楽しみにしていました。 が、家を出るぞ!という段になってKubeConの時にやらかしたぎっくり腰を再発し、行くことかなわず、気づいたらAnovaをポチってしまっていました。 [^amzn] そのAnovaが我が家に届いたので、真空低温調理のHello Worldとも言えるローストビーフをつくりました。 ネット上でブログ記事とか見てると、筒状の箱に入っている写真も多いのですが、最近は普通の箱に入ってくるようです。 中に入ってた紙には基本的な加熱時間なんかも書いてあります Anovaさんとご対面。かれこれ一年近く買うか悩んでたので、ようやく、といったお気持ちです。

Anovaが届いたのでHello Worldした
Read more...
Load more