gitにもaliasの指定ができる件

tl;dr .gitconfigにもaliasの登録ができる [alias]ブロックにaliasを登録する tagsで単数・複数の悩みを解消する discardで変更を取り消す unstageでaddを取り消す uncommitでcommitを取り消す ignoreで.gitignoreを生成する git aliases この記事は今すぐalias登録すべきワンライナー by ゆめみ① Advent Calendar 2018 の6日目の穴埋め記事です。 こちらのアドベントカレンダーは今すぐalias登録べきワンライナーということで、みなさん.bashrcや.zshrcのaliasについて記事を書いてらっしゃいますが、実は.gitconfigという、gitコマンドの設定を書いておくファイルにもaliasの指定ができます。 誰もshellのaliasとは言ってない!(・・・はず)ので、いくつか.gitconfig用に便利なaliasを紹介していきましょう aliasの登録方法 .gitconfigは基本的にiniファイルです。そのため、次のように登録します。 [alias] aliasname1 = some command 1st aliasname2 = some command 2nd 簡単ですね? [alias]というブロックを作成し、alias名=コマンドの形で記述します。 このときコマンドはgit xxxの形で実行される、xxxの部分のみを指定します。 例えば、 [alias] stat = git status と指定すると実際の実行時にはgit git statusという形で実行されてしまいエラーになるので注意しましょう。 gitのつかないコマンドを実行したい場合は頭に!をつけます。 [alias] ls = !ls このように記載すると、git lsでlsが実行されます。 git tags git tagというコマンドがありまして。まぁみなさんご存知でしょうが、tagの一覧を出したり、新しいtagを作ったりするコマンドです。これ単体では特に問題がないのですが、リモートリポジトリと合わせて使うと、ちょっと悩みが発生します。 git tagコマンドでタグをつけた後、リモートリポジトリにpushするときのコマンドはgit push --tagsです。これはtagをまとめてpushするので、複数形なんでしょう。しかしです。tagの一覧を出すときに使うのもgit tagと単数形なんですね。 ついついgit tagsと打ってしまいませんか? そんなあなたはこんなaliasを登録しておきましょう [alias] tags = tag 地味ですが、これで単数形か複数形か悩まずに済みます。 git discard ファイルを変更して、「あ、やっぱやーめた」、とそんなこと、ありませんか?そんなときにmagit を使っていればM-x magit-statusからのk、で一発ですが、さてコマンドでやるにはどうしたらいいんでしょうか? git reset?git checkout?なんにせよ少し悩んで場合によってはGoogle先生にお聞きする必要がありそうです。...

2018-12-12 · nasa9084