Let's Encryptでワイルドカード証明書を取得する

先日twitterでサポートされたと発表されたLet’s Encryptのワイルドカード証明書ですが、本日未明、正式にcertbotがワイルドカード証明書に対応したと発表されました !1 早速ですが、実際にワイルドカード証明書を取得してみます。 尚、今回対象とした環境は以下のとおりです。 CentOS 7 リバースプロキシとしてnginx DNSはGehirn DNS では、作業していきます。 CentOS 7でcertbotを使用する場合、大抵はyumでcertbotをインストールしていると思いますので、まずはアップデートします。 $ sudo yum update 出力は省略しますが、certbotが0.22.0にアップデートされます。 0.22.0はワイルドカード対応バージョンですので、問題ないですね! 公式のマニュアルでは、dns-pluginを使うよう書いてあり ますが、Gehirn DNSのプラグインは無いため、今回は手動で行きます。 以下のコマンドを実行します。 # certbot certonly --manual --preferred-challenges dns -d *.web-apps.tech --server https://acme-v02.api.letsencrypt.org/directory Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log Plugins selected: Authenticator manual, Installer None Enter email address (used for urgent renewal and security notices) (Enter 'c' to cancel): nasa.9084.bassclarinet@gmail.com Starting new HTTPS connection (1): acme-v02.api.letsencrypt.org ------------------------------------------------------------------------------- Please read the Terms of Service at https://letsencrypt....

2018-03-13 · nasa9084