confd + initContainerでAlertmanagerの設定をSecretに逃がす

TL;DR Alertmanagerの設定には一部Secretが含まれる バージョン管理システムに入れたくない initContainerでconfdを使って設定ファイルを生成する Alertmanagerの設定の一部をSecretに格納できる confd kelseyhightower/confd は非常に軽量な設定ファイル管理ツールです。基本的にはテンプレートエンジンですが、多くのバックエンドデータストアからデータを持ってきて、設定ファイルに書き出すことが出来ます。 また、事前処理や事後処理を行うことが出来るので、例えば設定ファイルを書き換えたあと、リロードする、というところまでconfdで行うことが出来ます。 Install Go言語で書かれているため、インストールは非常に簡単で、バイナリをダウンロードしてきて実行権限を与え、パスの通ったところに置くだけです。バイナリはリリースページ からダウンロードすることが出来ます。 使用方法 confdを使用するためには、三つのものを用意する必要があります。 テンプレートリソース テンプレート データストア テンプレートリソース テンプレートリソースには、どのテンプレートを使用して、どんなキーでデータストアからデータを取り出し、完成した設定ファイルをどこに置くのか、事前処理・事後処理はどんなものかを記述します。書式はTOMLで、慣れ親しんだ(慣れ親しんでない?)iniファイルの様に気軽に書くことが出来ます。/etc/confd/conf.d以下に配置します。 テンプレート テンプレートはその名の通り、設定ファイルのテンプレートです。ここに、データストアから取り出したデータを合わせて設定ファイルを作成します。書式はGo言語の<code>text/template</code> に準じます。/etc/confd/templates以下に配置します。 データストア そして、データストアにデータを入れる必要があります。 confdは、データストアとして、次のものをサポートしています(2018/08/20現在) etcd (GitHub: coreos/etcd ) consul (GitHub: hashicorp/consul ) dynamodb redis (GitHub: antirez/redis ) vault (GitHub: hashicorp/vault ) zookeeper (GitHub: apache/zookeeper ) rancher metadata-service (GitHub: rancher/rancher , rancher/metadata ) AWS Systems Manager パラメータストア 環境変数 ファイル Alertmanager Alertmanager はPrometheus からのアラートを受け取り、適切にハンドルするためのアプリケーションです。Alertmanagerの設定はYAMLで記述するのですが、SMTPのパスワードやSlack のIncoming Webhook URL 等、平文でバージョン管理システムに入れるのは躊躇われるデータを含みます。しかし、環境変数などから設定をすることも出来ないため、平文で記述するか、何らかの方法で設定ファイルを編集してから使う必要があります。 特に、Prometheus/AlertmanagerはKubernetes と併せて使用されることが多いため、出来ればKubernetesのSecret機能を使用したいところです。 そこでconfdをinitContainerで使用して、設定ファイルを生成します。...

2018-08-20 · nasa9084