jessevdk/go-assetsでファイルを埋め込む

Go言語の素敵なところの一つとして、最終的な成果物を1バイナリに収めることができる、という点にあると思う。結果として、非常に簡単にコマンドラインツールなどを配布することができる。 しかし、例えばコード生成を行うようなツールでテンプレートファイルを別途持っているような場合や、アプリケーション中で使う画像などを含む場合など、Goのソースコード以外のファイルを必要とする場合、全てを1ファイルで、とはいかない。 そのような場合に便利なのがjessevdk/go-assets である。以前は多くの人がgo-bindataを使用していたと思われるが、作者がやめてしまったため、使えなくなってしまった。代替としてこれが便利。 jessevdk/go-assetsを使用するには、まずjessevdk/go-assets-builder を使用する。これは、指定したファイルをGoのソースコードに埋め込んで、それらを扱うためのAssetsというオブジェクトを作成してくれるツールである。 インストールは簡単で、go getするだけ。 $ go get github.com/jessevdk/go-assets-builder インストールできたら、次のように使う。 $ ls assets/ foo.html.tmpl bar.png $ go-assets-builder assets -o assets.go すると、assetsディレクトリの内容が埋め込まれたassets.goが生成される。今回は特にパッケージ名を指定していないのて、package mainとして作成された。必要なら-pオプションでパッケージ名を指定することもできる。 生成されたあとは、実際に使いたいソースコード内で次のように使う。 f, _ := Assets.Open("/assets/foo.html.tmpl") // in production, need to handle error defer f.Close() // Do something with f ここで作成されたfはos.Fileと同じインターフェースを備えている。要するに、os.Openを使用したときと同じように操作することができる。 また、Assetsという変数を別に使いたいときは、go-assets-builderでパッキングするときに-vオプションで変数名を指定することもできる。ディレクトリ全体ではなく、個別のファイルを指定することもできる。

2019-01-17 · nasa9084

Parcel + Riot.js

この記事は Riot.js Advent Calendar 2017 13日目の記事です。 昨日は@supple さんによるRiot+ElectronでMarkdownエディタを作る でした。 tl;dr Parcel というJavaScriptのモジュールバンドラを触ってみた webpackなどと比べて設定ファイルなどもいらずとても簡単 ホットリロードな開発サーバを簡単に実行できる Riotと組み合わせるのもそれほど難しくない Parcel + Riot.js Parcel というJavaScriptのモジュールバンドラが話題なのでさわってみました。 国内で話題になっている元の記事は「webpack時代の終わりとparcel時代のはじまり 」。 React との組み合わせで記事を書かれています。 個人的にはRiot.js が好みなので、Riot.jsとの組み合わせで触ってみました。 尚、webpackは挫折したため比較できません。 Parcel/Riot.jsのインストール npmを使ってインストールします。 $ npm install -g parcel-bundler riot source code ディレクトリ構造 以下の様なディレクトリ構造だとします。 なお、練習用のため、動作確認に関係ない部分は適当に削っています。 src/ |- index.html |- index.js |- package.json |- app/ | |- App.tag index.html <!doctype html> <html lang="ja"> <head></head> <body> <App></App> <script src="index.js"></script> </body> </html> index....

2017-12-12 · nasa9084