Raspberry Pi zero W + IR

家で転がっていた使われないでいたRaspberry Pi zero Wを使って、家庭内のリモコン機器を自動化しようと思い立ち、秋葉原くんだりまで行って諸々部品を買ってきました。 ゴミを二つほど生成したのち、最終的に動くモノができましたので備忘録的に残しておきます。 pic.twitter.com/e55qxX5GL6 — nasa9084@某某某某(0x1a) (@nasa9084) July 29, 2019 主に「格安スマートリモコンの作り方 」を参考にしました。部品を購入した店は秋月電子で、商品ページの下の方にある「店舗情報」のリンクをクリックすると店内のどの棚に商品があるのかわかり便利です。どの部品も特に珍しい部品ではないため、商品自体がなくなっているようなことは(Pi zero用ユニバーサル基板をのぞき)まず無いように思えます。また、手持ちで0Ω抵抗が(なぜか)在庫してあったため、ジャンパ線代わりに使用しています。 一番見つけづらかったのがPi zero用ユニバーサル基板ですが、これは店の中ではなく、外のRaspberry Pi関連部品が置いてあるところにありました。 上記のQiita記事はさほど古いモノではないため、価格も変わってなかったように思えますが、動くモノができるまでにゴミを二つほど生成した都合上、三倍程度のコストがかかりました。回路周りや半田付けがあまり得意ではない人は覚悟(というほどの額ではないですが)しておいた方が(材料を余分に買っておいた方が)良いでしょう。 余談ですが部品を購入した際、近くのあきばおーでTranscendのmicro SDが安くなっていたため、大して使い道も考えずに32GBのモノを5枚ほど購入しました。 ほとんどの情報は参考にしたQiita記事にまとまっているため詳細は端折りますが、変更点として赤LEDを足してあります。ピカッと可視光が光るので、実行されたということを確認するのに便利です。 参考記事には実際の配線図だけはなかったので、紹介します。 上図が部品面、下図が半田面です。MOSFET 2N7000は平らな面が図の上側、MOSFET IRFU9024NPBFは放熱板(?)が図の下側、赤外線LEDは欠けている側(カソード?)が図の右側、赤LEDは欠けている側が図の左側、赤外線受光モジュールOSRB38C9AAは受光部が図の上側を向くように配置します。私は受光モジュールは図の下方向に向けて折り、受光部が天を向くような形にしました。 ブレッドボード上で配線してそのまま基板に移植したような形になっているため、複雑な配線もなく比較的簡単かと思います。 IRFU9024NPBFの左下はジャンパなので、半田面で配線してもかまいません(私は0Ω抵抗を使用した関係で部品面を通しています)。 実際に配線したもの。右側に温度センサを追加しています 赤外線コードの学習・実行も参考記事通りpigpioを使用しましたが、毎度SSHしてコマンドを実行するのは面倒なため、GoでAPIサーバを実装しました。Goで赤外線をGPIOでいい感じにアレするようなパッケージが見当たらなかったので、GoからPythonのスクリプトを叩くという残念なコードになっております。いいパッケージがあれば誰か教えてください。 systemdかなんかでデーモン化したりなんかして起動しておくと、例えば、 $ curl http://raspberrypi.local/playback?key=light:off とかすると部屋の電気が消せます。素晴らしい。 今のところ外部に公開してはいないのですが、外部に公開すると他のサービスとの連携(例えばIFTTT)ができないので、公開したい気持ちがあります。とはいえ、外からむやみに部屋の電気をあれこれされても困るし(だれもやらないとは思いますが)、そのまま公開するのも難しいな、と思っているところです。 とりあえずは扇風機とか、そのあたりをなんかいい感じにアレしたいですね。

2019-07-30 · nasa9084

Python 3でbottle-websocketを使う

Python 3でbottle-websocket がそのままでは動かなかったので簡単にメモしておきます。 解決方法 通常通りpip install bottle-websocketしてから、 pip install karellen-geventwsすると動作するようになります。 karellen-geventwsはGeventWebSocketのforkで、Python 3に対応しています。

2017-01-10 · nasa9084

pyorgというパッケージを作りました

この記事はEmacs Advent Calendar 2016 の、13日目の記事で、執筆者は @nasa9084 です。 前日はfujimisakariさんのプログラミングに役立つelisp10選 でした。 org記法でブログを書きたい 全国のEmacsユーザの皆さん、org-modeは使っていますか?私は使っています。 普段Pythonを書く私にとって、#はコメントアウトのイメージで、#を見出しに使うmarkdownは(ダメってほどじゃないですけど)なんとなく好きになれません。Emacsユーザということもあり、細かいメモを取るときや、スライドを作るときはorg-modeを使っています。 そんなわけで、慣れ親しんだorg記法。ブログを書くときも使いたいと考えました。 しかし、マークダウンで書くことができるブログや、或いはorgで書いたものをwordpressにアップすることができるelispなんかも有りましたが、どうもしっくり来ません。 そんな折に運用していたWordPressが使えなくなり、このブログシステムを作りました。 Pythonで使えるorg記法パーサも探したのですが、どれもブログで使えるようなものではなく、自分で変換機構も作成することにしました。 最初はブログシステムの中にorgをHTMLに変換するフィルターを作ればいいかな、と思って書き出したのですが、コレがなかなかうまく行かず。最終的にパーサとしてパッケージ化したので、そのお話をさせていただこうと思います。 正規表現の置換だけで実装してみた org記法を使いたいとは言っても、ブログ記事を書くのに使いたいだけなので、チェックボックスや時間に関する部分など、org-modeの大部分は必要ありません。文字の装飾部や見出し、リストが実装されれば十分です。 ですので、最初はわざわざ構文木などを作らずとも、単純に正規表現で置換すればいいのではと考えて実装を始めました。 しかしコレが大きな間違いだったのです。 リスト 問題の1つめは、ネストしたリストを使えないことでした。 単純に正規表現で行ごとに置換していく都合上、ネストしたリストを解析することができません。この段階で、ネストしたリストは使わないことにしよう、と考えました。 しかし、実際に実装してみてわかったのですが(気づくのが遅い)、問題はそれだけではありませんでした。 リストが始まったことや終わったことを判断できないのです。いま置換している行はリストの始めなのか(つまり<ul>が必要なのか)、真ん中なのか、終わりなのか、判断することができないのです。これは困りました。 スラッシュ 更に大きな問題が潜んでいました。斜体とリンクです。 ご存知のように、URLは区切り文字としてスラッシュを多用します。また、org-modeでは斜体をスラッシュで挟んだ形で表します。 このせいで、URLの一部が斜体としてマークアップされてしまう事態が発生しました。 これはちょっと困ったものです。とりあえず斜体を使わないこととしましたが、これには不満が残ります。 結局パーサとしてパッケージ化 更に、テーブルの実装ができないなど、org記法が使える!というには不満点が多すぎました。 そんなわけで、改めて外部モジュールとして、org記法のパーサを書きました。org記法で書かれたテキストを読み込み、解析し、抽象構文木を生成します。そこからHTMLを出力することも可能です。GitHub上でソースも公開しています(nasa9084/py-org )。 コレをブログシステムに組み込むことでorgでブログを書くことができるという寸法です。 また、当初予定してはいなかったのですが、gitのsubmoduleで管理するのはバージョンアップの際などいろいろと面倒なので、パッケージ化してPyPIへとアップしました(pyorg )。 現在はバージョン0.1.3として、見出し、リスト、テーブル、リンク、画像、引用、文字の強調を実装済みです。今後、少しずつ拡張予定ですが、当面はリファクタリングを進めようと思っています。 以上、pyorgのお話でした。

2016-12-12 · nasa9084

Pythonとわたし

この記事は、PyCon JP Advent Calendar 5日目へ寄せて書いた記事です。 執筆は@nasa9084 です。 昨日は寺田さんによる、PyCon JPの立ち上げ という記事でした。 Pythonと私の想い出 PyCon JPアドベントカレンダーのテーマは「Pythonと私の想い出」だそうです。 私が初めてまぁそれなりと言える程度にかけるようになったプログラミング言語がPythonでした。 なんどもCに挑戦しては挫折し、を繰り返していたのですが、Pythonのおかげで簡単なプログラムはかけるようになったんでした。 扨、すでに行き先がよくわからなくなってきているこの記事ですが、もう少し私とPythonとの関わりを書いていきましょうかね。 Pythonを使う理由 もともと、私はHTMLから、ソースコードというものをエディタで書く、という世界に入ってきたんです。小学校高学年くらいの頃だったでしょうか。 最初はホームページビルダーでWebサイトを書いていたんですが、当時(今でもあるのかな?)、小学生でも使えるJavaScript集みたいなサイトがありまして、例えば、headタグの直後にコピペするとなんかカーソルにきらきらしたのがくっついてくるようになる、とかですね、今となってはとっても懐かしい感じのものがたくさんあったわけですよ。 そんなのをコピペするために、ホームページビルダーでソースコードビュー的なものを開きまして、コピペをしていたわけですね。 HTMLなんてまだまだ書けなかった私ですが、なんとなくルールがわかるんですね。そうすると、なんだか無駄っぽいのがあるわけですよ。 そういうのを、ちょこちょこと手作業で消していってみるわけです。 今思うと、リファクタリングのはしりみたいなもんです。これが私のソースコードを編集することの原点だったんです。 ときは流れまして、Pythonという言語に出会います。 聞くところによると、この言語、インデントをきちんとしないと動作しないそうじゃないですか。だれが書いてもそれなりに読みやすいコードになると。 もともとソースコードを綺麗にするのが楽しくてソースコードを触り始めた私ですから、これはとても気に入りました。 そうして私はPythonの世界にずぶずぶと浸かっていくのでありました・・・ GitHub Repository 現在、私のGitHubリポジトリ(https://github.com/nasa9084 )の数は、ちょうど20だそうです。自分が主となって開発しているものの、意味づけという理由があったりしてOrganizationを切り分けているものもありますから、20以上30未満、といったところでしょうか。 このうち、主にPythonで書いているリポジトリは10個程度で、半分には届かないものの、かなりの割合を占めています。 PyCon JP 2016 2016年はPyCon JP 2016のスタッフをしました。PyCon JPは東京開催で、もちろんスタッフの多くは東京(または東京近郊)在住で、オフラインミーティングや作業日の開催地も東京です。 一応、都合のつく限りリモートでも参加をするんですが、これがなかなか難しいのです。 解決方法はまだわからないのですが、来年は東京で就職なので、遠方のスタッフがもっと溶け込みやすいようになにか頑張りたいと思っています。 Eureka 実は、このブログのシステムもPythonで書かれています。構成としては、プログラム部がbottle + beaker + jinja2、アプリケーションサーバがuWSGI、HTTPサーバがnginxという構成です。 現状、JavaScriptは一切使っていないため、(特に管理画面において)残念な仕様の部分が多いです。 なんとかしたい。 ブログ移転で違うシステムになりました。 まとめ的な そろそろ長くなってきましたし、もうなんの話かわからなくなってきましたので、この辺で終わりにしようと思います。 とりあえずですね。何が言いたいかというと、Pythonはいいぞということです。 ぜひPyCon JP 2017にもお越しください。

2016-12-05 · nasa9084