外部サービスをIngress backendとして使用する

外部サービスをIngress backendとして使用する

TL;DR

  • Service type: ExternalNameを使用する

External Service

Kubernetesでは、Ingressを使用することで、ホスト名ベースのロードバランシング/リバースプロキシを行うことが出来ます。その際、プロキシ先としてKubernetes上のServiceを指定するのですが、場合によってはKubernetesクラスタ外のサービスをプロキシ先としたい場合があります。例えば、弊宅の環境では、次の様にプロキシしています。

arch-1

基盤であるOpenNebulaのダッシュボード以外は*.web-apps.techとして、Kubernetesへとルーティングしています。

ところで、本ブログは現在Kubernetes上へ移行作業中です。今のところはまだ、Kubernetes上へ載せていません。しかし、折角プロキシの設定が減っているので、blog.web-apps.techIngressリソースとして管理したいです。

そこで使用できるのがService type: ExternalNameです。ExternalNameとして外部サービスを登録することで、Ingressのバックエンドとして使用できるようになります。

設定

設定はごく簡単で、次の様にします。

---
apiVersion: v1
kind: Namespace
metadata:
  name: external-services
---
apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: ghost
  namespace: external-services
spec:
  type: ExternalName
  externalName: 192.168.1.41 # 本ブログのローカルIP

今後も何かの拍子でKubernetesに載せたくないサービスが増える可能性もあるため、external-servicesとして名前空間を分離しました。このように設定すると、kubectlからは次の様に見えます。

$ kubectl get svc --name external-services
NAME      TYPE           CLUSTER-IP   EXTERNAL-IP    PORT(S)   AGE
ghost     ExternalName   <none>       192.168.1.41   <none>    54m

後は、普通にIngressの設定をするだけです。

---
apiVersion: extensions/v1beta1
kind: Ingress
metadata:
  name: ghost
  namespace: external-services
spec:
  rules:
    - host: blog.web-apps.tech
      paths:
        - path: /
          backend:
            serviceName: ghost
            servicePort: 2368

これで無事、Ingressリソースとして管理されたサブドメインblog.web-apps.techでクラスタ外のブログサービスへアクセスできるようになりました。

Subscribe to