nasa9084
· 4 min read

slimduetを使って海外でインターネット接続を確保する

slimduetを使って海外でインターネット接続を確保する

先日、初めて海外に行ってきたんですが、その際、slimduetというeSIM(ソフトウェア的な設定で通信事業者を変更出来るSIM)を使用してネットワーク通信をしたので、設定方法などをまとめておきます。

前提

端末はFREETELのKiwami 2(Androidのバージョンは6)、行き先はデンマーク/コペンハーゲンです。

設定

SIMを購入する

slimduetを使用するには専用のeSIMが必要ですので、公式サイトやAmazon(記事執筆時点では在庫なし)から購入しておきます。

SIMカードの価格はは2000円を切る程度です。

slimduetのアプリをインストールする

slimduetを使用するには、専用のアプリをインストールする必要があります。
Google Playでslimduetと検索し、インストールします。

勿論、この段階では別途データ通信が出来る必要があります。

プランを購入する

slimduet SIMを端末に挿入してから、行き先に併せたプランを購入します。
この段階では、Wi-Fiなどのデータ通信が出来る必要がありますので、空港やホテルのWi-Fi等を使用するか、日本国内にいる内に購入しておきます。

slimduetアプリを起動すると、行き先の検索画面が表示されますので、行き先を入力し検索します。
今回はデンマークですので、「デンマーク」と入力し、検索バー横のルーペボタンを押します(キーボードのGoDone、エンターなどでは検索されないので注意)。
search_screen

おすすめプラン、ということでデンマークで使えるプランが表示されますので、選択します。
plan

国別プランを選択すると画面が変わり、1日間、3日間などのプランが表示されますので、日程にあわせた期間のプランを選択します。
plan_detail
purchase

クレジットカードなどで購入手続きをした後、画面下部の「私の電話番号」を押し、購入したプランが表示されていることを確認します。

my_phone_num

また、この段階でSMSで購入したプランについてメッセージが来るはずです。

電話番号を切り替える

自動電話番号切り替えに対応した端末では、プランの「詳細」から、「携帯電話番号の切り替え」を押すことで切り替えることが出来ます。

Kiwami 2は対応していないため、SIM Toolkitを使用して番号の切り替えを行います。
AndroidのアプリドロワーからSIM Toolkitを起動します。
drawer

SIM Toolkitを起動すると、SIMの一覧が表示されるので、slimduetかな?と思われるものを選択します。
sim_toolkit_1

SIMを選択したら、「携帯電話番号を切り替え」、「ご利用する携帯電話番号を選択してください」の順で選択します。
「携帯電話番号を切り替え」のあと、「設定」を選択したくなりますが、こちらではないため注意します(図の赤枠で示した部分を選択します)。
sim_toolkit_2

購入したプランが表示されますので、選択します。
sim_toolkit_3

APNの設定をする

電話番号の切り替えが出来たら、APNの設定をします。
Androidの設定から、「SIMカードとモバイル通信」の設定画面を開きます。
settings

「モバイルネットワーク設定」を開き、データ通信を有効にする、データローミング、にそれぞれチェックを入れます。
settings_sim
data

「アクセスポイント名」の設定画面を開き、右上の + からAPNの設定を追加します。
名前は適当なもの(slimduetなど)を入力し、APNを uinternetとして保存します。
set_ap

保存したら、作成したAPN設定を選択します。
choose_ap
この時点でデータ通信が出来るようになっているハズです。

この時点でデータ通信が出来ない場合、通信事業者を適切なものに設定する必要がある可能性があります。