Vagrant/vmware-fusionでハードウェア仮想化を有効にしたVMを作成する

Vagrant/vmware-fusionでハードウェア仮想化を有効にしたVMを作成する

vmware fusionを使用している場合、仮想マシンのCPU設定でこの仮想マシンでハイパーバイザアプリケーションを有効にするにチェックを入れることで仮想マシン内でKVMを動作させることができるようになります。
ドキュメントには載っていませんが[1]、Vagrant + vmware-fusion pluginの構成でも設定することが可能です。
Vagrantfileに以下の記述を追加します。

config.vm.provider "vmware_fusion" do |v|
    v.vmx["vhv.enable"] = "TRUE"
end

  1. vmxの設定をする方法自体は公式ドキュメントにも記載がありますが、詳細がありません ↩︎

Subscribe to